就職支援サイト

インターネットを使った就職支援の歴史

看護系の専門学校や大学を卒業した人が仕事を探す場合には、在学中に就職活動を行うのが一般的である。しかし転職に伴う就職活動では、職業安定所などを使った仕事探しが従来型のスタイルであろう。しかしインターネットの普及率が徐々に高まりつつあった2000年以降は、インターネットを利用した就職支援サービスの存在感が増したことが特徴的であろう。特にナース人材バンクはネットを使った看護師の転職支援サービスの老舗であり、年間10万件以上の支援実績が魅力的である。またナース人材バンクは2003年のサービス開始から様々なノウハウを蓄積してきたので、一人一人に向き合った質の高いサービスが人気の秘密であろう。そのためにナース人材バンクは、今では会員登録者数の多さでも業界トップクラスである。

看護師向けの就職支援サービスの将来像

ナース人材バンクをはじめとした看護師向けの就職支援サービスは、今後も着実に増加するであろう。その背景には高齢化に伴う医療サービスへの需要の増加があり、更に人材の流動性も高まったために今後も転職希望者が増えるであろう。特に病院やクリニックのような従来型の仕事以外にも、老人ホームや訪問看護ステーションの求人が将来的には増えるであろう。そのために就職支援サイトでは、転職を希望する人に対して様々な情報を提供するようになるであろう。特に新しい業態の求人については、特集コーナーを設置して仕事の魅力をわかりやすく紹介するであろう。したがってナース人材バンクのサービスを通じて、今後も良い人材が最適な職場で働けるであろう。